↓他の医大生のブログはこちら↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
医大生ブログランキング

γグロブリン(免疫グロブリン)投与をする疾患7つは「ガングロでギラ光る、フィッシュの皮で、師範を麻酔」で覚える!

γグロブリン(免疫グロブリン)投与をする疾患7つ

ガングロでギラ光る、フィッシュの皮で、師範を麻酔

ガングロ:ガンマグロブリン

ギラ:ギラン・バレー症候群

光る:B肝肝炎

Fish:Fisher症候群

皮:川崎病

師範:ITP

麻:麻疹

酔:水痘

関連する国試

101G35

3歳の男児。紫斑を主訴に来院した。2週前に38.7℃の発熱が2日間続き、近医で咽頭炎と診断された。昨日から全身に赤~紫色の点状の皮疹が出現している。診察前に鼻出血があり、止血に20分を要した。体温36.9℃。脈拍88/分、整。全身の皮膚に紫斑を認める。口腔内に粘膜出血を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球340万、Hb 10.5g/dL、白血球6,700、血小板0.6万。血清生化学所見:AST 31U/L、ALT 28U/L、LD 284U/L(基準176~353)。CRP 0.1mg/dL。骨髄塗抹May-Giemsa染色標本を別に示す。
治療として適切なのはどれか。2つ選べ
 
 
血漿交換
シクロスポリン投与
免疫グロブリン製剤投与
蛋白同化ステロイド薬投与
副腎皮質ステロイド薬投与
 
解答→c,e
 
勝手に考察(正しい考察はmedu4などを参照ください)
感染後の血小板減少→ITP
a:ITPで血漿交換はまずやらない。TTPならやる。→×
b:保留
c:免グロからガングロのゴロを思い出す→含まれている→○
d:AAくらいでしか使わない
e:bと比べる。ステロイドのほうが使いそう。→○
タイトルとURLをコピーしました