↓他の医大生のブログはこちら↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
医大生ブログランキング

陽性尤度比、陰性尤度比の計算は「①陽性なら陽性、陰性なら陰性同士を使う ②分子=主役=患者数」で理解する!

陽性尤度比、陰性尤度比の計算

①陽性なら陽性、陰性なら陰性同士を使う

②分子=主役=患者数

  病気あり 病気なし
陽性+ a c
陰性ー b d
陽性尤度比の場合

陽性同士を使うのでaとcを使います。

  病気あり 病気なし
陽性+ a c
陰性ー b d

②分子は患者数なので

陽性尤度比=a/c

です。

日本語にすると、「感度/偽陽性率」または「感度/1−特異度」となります。 

陰性尤度比の場合

①陰性同士を使うのでbとdを使います。

  病気あり 病気なし
陽性+ a c
陰性ー b d

②分子は患者数なので

陰性尤度比=b/d

です。

日本語にすると「偽陰性率/特異度」または「1-感度/特異度」です。


ややこしいですが、言葉にある陽性、陰性をみて、表を書いてビジュアルで考えたらすっきり理解できます。

タイトルとURLをコピーしました